Rr

  • Home
  • Wha's New
  • Showroom
  • Rr Plaza
  • About Us
  • Listening Room

Rr Plaza [コミュニケーション広場]

Home > Rr Plaza > 音楽余話 > アンプの役割

音楽余話

アンプの役割

一番重要なのは音の「鮮度」を出来るだけ落とさないで増幅、電送すること、つまり余分な色づけや不完全な増幅をしないこと。まず、鮮度を落とさないためには、必要なときに必要な電気が瞬時にロスなく流れることが重要です。これは大変難しいことです。この点で最も有利なデバイスは真空管でしょう。トランジスターは瞬時の容量の確保、伝送スピード、ロス(発熱で消えます)で真空管より劣ってしまいます。
また、アンプには大きく分けて3種類あります。まず、圧縮された信号をデコードする(RIAA)イコライザーアンプ、フラットに増幅し音を質的に支配するフラットアンプ(ラインアンプ)、スピーカーを駆動・制御するパワーアンプ(メインアンプ)です。それぞれが上述のコンセプトに従って製作されることが大切です。そのためにはそれぞれに優れた回路設計技術、電源回路、理にかなった部品の選択、製作技術、ヒアリングや感性が求められます。

音楽余話TOPへもどる

このページの先頭へ